アラフォー女の運転免許取得への道

アラフォー女の運転免許取得への道

どんくさい方向音痴のアラフォーの私が自動車免許を取るまでとその後のカーライフの記録です。

こちらに表記されている内容はあくまで私の記憶に基づいたものです。 なにかの参考になれば幸いですが、
100%鵜呑みにせずご自身の教習所で習ったことやお手元の教科書などでしっかり確認してくださいね。
22.学科教習(その7)誤りがありました!ご注意ください!(誤った部分は削除済み)




69.ひとりでできるもん

今日は65.運転の機会の続きの話です。

62.む、むり・・・からの〜で車線変更について色々おさらいし、64.宣言で、宣言後二回目の運転の機会の話です。

今度こそ、臆することなく車線変更する(ともかくウインカーをかける!)ぞ、と、心に決め今日もいつもの場所へ。

溜まった疲れを癒し、「さぁ帰ろう」と、なったその時、事件が発生します。

 

そ、それは・・・

 

な、なんと・・・

 

ゆ、ユーマくんが・・・

 

め、目を離した隙に・・・

 

ね・・・

 

ね・・・

  

寝・・・

 

寝てしまったんです!!

 

・・・。

 

いや、なにが事件かって、アナタ、ユーマくんが寝てしまったってのは、もうもう、ちょうちょう、もうちょう大変なことです!!!

普段のユーマくんがこれだとして、

f:id:umi51:20170303010227p:plain

運転中のユーマくんはこれ、

                   f:id:umi51:20170314190940p:plain

寝ているところを起こされた時のユーマくんは、はいこちらです。

 

f:id:umi51:20171106232303p:plain

別人です。

おどろおどろしい雰囲気がまさに、おくされさまそのものです(千と千尋の神隠しより)。

約30分の攻防の末、どうにか車まで連れ出すことができ、そこから恐怖のドライブがスタートします。

車内のあまりに見苦しい模様は書きませんが、「もう2度と運転しない!」 発言が飛び出すほど、危うくこのブログもろとも私のカーライフが終了するところでした。

(ま、書かないのは、単に細かい事は忘れちゃっただけなんだけどさ)

そんなことより、今回はこんなしょーもない記事を書いている場合ではなかった。

実践しました、62.む、むり・・・からの〜でおさらいしたポイントを活かして、なかなか車が多い場所での車線変更を!

ユーマくんも↑この有様だし、ほぼ自分だけの力で車線変更したと言っていいと思います!えへん!

感想ですが、62.む、むり・・・からの〜では色々書いたけど、肝となったのはこの2点です。

・合図出して意思表示
・もし車が近づいてきてたらその車の後ろを狙う

というより、そのほかを意識してる余裕がなかったというか、忘れてたっていうか・・・。

教習所では車線変更する際、

「ルーム(ミラー見る)、合図(出す)、サイド(ミラー見る)、目視(で確認)、おりゃぁぁぁぁ(車線変更)」という流れでやっていましたが、私が導き出した流れはこちら。

「周囲確認→(あの車の後ろをロックオン)→合図(車線変更しまっせーー)→ロックオンした車の後ろの車が詰めてきたらその車の後ろをロックオン→入れてくれそうだったら、おりゃぁぁぁぁ(車線変更)」

入れてくれそうかどうかを瞬時に見極める事が大事な気がしました。
と、まぁこんな感じ。くれぐれもわたし用ですからねーー!目視もわすれないでね。

ただねぇ~・・・今回どうにか車線変更はできたけど、今度はまったく別の問題点が出てきてしまったんですよね〜。

しかし、今回は「おくされさま」を描くのに力を使いすぎたので、続きは次回にしまっす。

そんなことより、前回の68.タイヤの位置にコメントをくださった、
ゆうちさん!ありがとうございます。おぉ!!なんと!お父様も仰っていましたか!いやぁ~それにしても、運転の機会については、私も私も~!なんだかんだ理由をつけてついつい機会を逃してしまいますよねぇ~。私もユーマ君の所為にしているけど、結局は自分の意志の問題が大きいんだよなぁ~・・・。お、お互いがんばりましょうね。。

いとへんさん!運転免許取得おめでとうございます!!!パチパチパチパチパチパチパチ(。>ω<ノノ゙
結構不合格になった方がいたんですね。私が受けた時はどちらかというとダメだった人は少なかった気がしました。写真はともかくやっぱ受かると嬉しいですよね(●>v<●)!これから安全運転でお互い頑張りましょうね!

というところで、今日はお開きです。

次回は新たな課題についてかけたらいいな。

では、また、よろしくです!