アラフォー女の運転免許取得への道

アラフォー女の運転免許取得への道

どんくさい方向音痴のアラフォーの私が自動車免許を取るまでとその後のカーライフの記録です。

こちらに表記されている内容はあくまで私の記憶に基づいたものです。 なにかの参考になれば幸いですが、
100%鵜呑みにせずご自身の教習所で習ったことやお手元の教科書などでしっかり確認してくださいね。
22.学科教習(その7)誤りがありました!ご注意ください!(誤った部分は削除済み)




60.時間の経過

おはようございます!

今日は前回予告した通り、「あの件」について書きます。

それは、ここまで一度もはっきりと書いたことがない、私が教習所に通い始めてから免許を取得するまで、そして、現在までの時間の経過についてです。

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、このブログは現実とはものすごーーーく誤差がありまして、今ようやく現在に追いついてきているというのが現状です。

図にするとこれほどの誤差となります。

 

f:id:umi51:20170525233808p:plain

教習所に通いだしたのが2016年の5月、卒業したのはなんと2016年の8月です。

つまり、実質約3ヶ月間ぐらいの出来事を約9ヶ月に渡ってノロノロ書いていたということになります。(すいません・・・。)

着目していただきたいのは、もちろん56.ぎゃんから58.時は来たまでの期間です。

56.ぎゃんの出来事はだいたい2016年の10月ぐらい。んで、58.時は来たは、先日のゴールデンウイーク中の出来事となります。

最後に運転してから半年以上経過しています・・・。

免許を取得→数回運転→半年以上全く運転しない→GWの込み合った都会のスーパー銭湯からの帰り道で運転再開・・・「初心者にしてペーパードライバー」は全然大げさな表現ではないことがお分かりいただけると思います。

あぁ・・こんなことなら、GWの前半で郊外の温泉に向かった時「運転するか?」と言われ、「渋滞中に、万が一アクセルとブレーキを踏み間違えたらと考えると恐ろしいからいい」と、断らなければよかった・・・。

ど田舎の実家に帰省した時「ちょっとその辺走ってくれば?」と言われ、「道路の淵から土手に落下しそうで怖いからいい」と、断らなければよかった・・・。

ユーマくんが、突然近所の焼肉屋に行きたいと言い出した時、「半年も運転してないのに突然言われても心の準備ができない無理だ。」と言って結構寒かったあの日にわざわざ歩いて行くことにしなければよかった・・・。

あの時や、あの時・・・あぁ、あの時も・・・。

と、自分で蹴散らして来た、数々の運転の機会を走馬灯のように思い出し、「あぁ、どれにしても、今よりはましだった・・・」と、悔やみながらスーパー銭湯に向かったというわけです。

今、落ち着いて考えると、どれもこれもあんまり難易度が変わらない気がするので、きっといつ運転することになったとしても「今が一番難しい」と、思ったことでしょう。

以上、今回は終わりです。

次回こそ、実に半年ぶりに運転することになった、58.時は来たの続きを書きます!