アラフォー女の運転免許取得への道

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー女の運転免許取得への道

どんくさい方向音痴のアラフォーの私が自動車免許を取るまでの記録です。

こちらに表記されている内容はあくまで私の記憶に基づいたものです。 なにかの参考になれば幸いですが、
100%鵜呑みにせずご自身の教習所で習ったことやお手元の教科書などでしっかり確認してくださいね。
22.学科教習(その7)誤りがありました!ご注意ください!(誤った部分は削除済み)




49.卒業検定(後半)

卒業検定 第二段階 技能教習

卒業検定後半です。

48.卒業検定(前半)で、教習所に通い初めて以来過去最大のダメージを受け、自信もテンションもどん底に落ちたアラフォーの私です。。。

グダグダになりながら行なった路上をなんだかパスして、場内にたどりついた私、これから縦列駐車を行います。

もちろんトップドライバーはもちろん私。

もう同乗者にシートベルトをお願いする声も若干プルプルしています。前半の時とは大違いです。

ちなみに、卒業検定では方向変換と縦列駐車のどちらかを行いますが、どちらを行うかは卒業検定の当日に初めてわかります。

私は縦列駐車でしたが、みきわめで先生に「バッチリだね。」と、お褒めの言葉をいただいたほどだから、「もう後がない」と思いつつもみきわめと同じことをやれば受かるはず。

 

 

・・・はずです。

 

 

・・・・・・・よね?

 

 

ポイントに移動し、私は縦列駐車をスタートさせます。
手順はばっちり暗記しているし、振り向く際もシート埋まるほどしっかり背中を密着させます。(40.技能教習(第二段階その4)参照)。きっと首はすこし伸びてたんじゃないでしょうか。

f:id:umi51:20170224000120p:plain

縦列駐車は駐車スペースに車を停車させた後、先生に「完了しました」と言って、完了を申告します。

いつも通り完了させた(と思った)私は、駐車スペースに車が納まっていることをを確認し(たつもり)、「完了しました」と言って、先生の反応を待ちます。

先生は、
「う~ん(笑)、これ、まだいけるんじゃないの?そっち本当に入ってんの?」
って、もう笑っちゃっています。
当然すっぽり入っているつもりでいる私は、「えっ?!えっ?!あ、はっ、・・・」と、それはそれは戸惑いますが、まあ、なんだかんだで、発着点へ戻ってきます。

 

 

お、終わった・・・。

 

 

ダメだった・・・。

 

 

(いつもの担当の)先生・・・初めは、目も当てられないほどダメダメだった私を、あんなに一生懸命ご指導してくれて、ようやくここまで来れたのに、先生の教えを全く活かせませんでした。駄目な生徒でごめんなさい。私は戻ります・・・。どうか、あたたかくむかえてくれますように・・・。

とか、

もう、今朝の調子にのりまくった私をぎったぎったのめっためったにしてやりたい

 

f:id:umi51:20170223232025p:plain

とか、そんなしょうもない妄想をしながら、若者のすばらしい縦列駐車を体験し、再び発着地点に戻ったところで、卒業検定は終了です。

仮免のときと同様に、一人ずつ先生からお言葉をいただきますので、若者は車外で待機し、私は助手席に移動して先生の話を伺います。

先生からの第一声「緊張してたの?」に対し、私の返事は「は、はい」でしたが、このブログを読んでくれている皆さんには正直に言いましょう。

それほど緊張していません。

そこから先生のダメ出しタイムが始まりますが・・・検定中に色々言われていたことはあまり言われず、逆に、「確認しすぎ」という指摘がありました。

確かに今考えると、巻き込み確認とか必要以上に何度もしていたような気もします(やっぱり緊張していたんだろうか・・・)。

「無駄に何度も同じ確認をしているうちに、前方の状況に変化が起こっていることに全然気がついてない。一度しっかり確認したら他のところも確認して必要な対応をおこなわないと。路上では色んなところを見ないといけないんだから。次からは一人で運転しないといけなくなるんだよ。」

 

 

 

 

「運転、するんでしょ?」

 

 

??

 

 

「これからも教習所で習ったことや、今日指摘されたことを活かして、しっかり頑張ってくださいね。」

 

 

・・・・!?

 

 

・・・・・そうです。

 

 

私は、合格していたのです・・・。

 

 

先生の話す内容から、もちろんギリギリのぎり、落ちていてもおかしくない走りであったことは間違いはないけれど・・・それでも合格していたんです。


 

 

なんと私はこの日、教習所を卒業する事になったのです。

 

 

 

・・・なのに・・・どうしたことでしょう・・・・全然うれしくないんです。。。

 

 

 

試験官の先生も最後には優しくて、金八先生のビンタと抱擁状態だったのですが・・・。

 

 

 

全く気分が上昇してこないんです・・・。

 

 

  

こんなんで、合格していいのか・・・とか・・・私やっぱり、免許をとっても運転しない方がいいのか・・・とか、今までやってきたことを全く生かせなかった・・・とか。卒業できたというのに、うじうじうじうじうじうじうじうじうじうじ・・・・。

 

 

 

そんな気分のまま、とぼとぼと、教習所を後にしたのでした・・・。

 

 

 

今にして思うと、逆にこの苦い経験は若干ちょーしにのり始めていた私の気を引き締めるとってもいい出来事だったかもしれないです。

はっ!!まさか、先生はそこまでお見通しだったのかも!?「ここでしっかりシメとかないとこいつはダメだ。」みたいな。だとしたらすごい!!(もちろん運転がお粗末だったのが一番の理由だとは思いますが。)

 

何はともあれ、気がつけばあと一歩で憧れの運転免許取得です。

次回、本免許学科試験です!

【おさらい】確認しすぎもNGです。一度しっかり確認したら他にも目を向けましょう。

【自信メーター】ここまできたら「取れる」とは思うけど、うじ虫野郎(女)

f:id:umi51:20170221191855p:plain

そんな、うじ虫野郎(女)はほっといて、
前回の48.卒業検定(前半)にコメントをくださった皆さん!!すっごいすっごいありがとうございます!!
みさぽんさん!親近感を抱いていただけるなんて光栄です!車線変更時の確認・・・今にして思うと、私は、あの行動をするのに一生懸命になって、肝心要の「確認」が行えてなかった気がします。。。

ゆんさん!ありがとうございます!そう!そうなんです!!あの口調は本当に嫌な気分になってしまったんです。。。よく、読み取ってくださいました(泣)。先生は、本当はいい方だったと思うのですが、私にはちょっと刺激が強すぎたようです。そんなことより、仮免試験!頑張ってください!!!(p`>ω<´q)

そして、☆春輝★さん!!コメントありがとうございます!ばっちり届いています!「勢い」ってホント大事ですよね。私は教習所に通うことによってこれから「勢い」で他にもいろんなことに挑戦していけるのかも。っていう希望も芽生えました。(ま、希望が芽生えただけで特に何かに挑戦したりはしてないっていうところが私らしいですが・・・。)安全運転で素敵なカーライフをお過ごしください!超超超超超どんくさい仲間としてお互い頑張りましょう!