アラフォー女の運転免許取得への道

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー女の運転免許取得への道

どんくさい方向音痴のアラフォーの私が自動車免許を取るまでの記録です。

こちらに表記されている内容はあくまで私の記憶に基づいたものです。 なにかの参考になれば幸いですが、
100%鵜呑みにせずご自身の教習所で習ったことやお手元の教科書などでしっかり確認してくださいね。
22.学科教習(その7)誤りがありました!ご注意ください!(誤った部分は削除済み)




25.みきわめ(第一段階)

技能教習 第一段階 みきわめ

こんばんわ。今日は「みきわめ」の日です。

前回の技能教習でついに暗雲(クランクおばけ)に完全に飲み込まれ、自信メーターがほぼ下まで言ってしまった私です。

しかし!!前回の技能教習の帰り、そんな私に光明が・・・。

教習所では基本、先生以外とは誰とも話す事もなく、黙々と教習していますが、同じ担当教官を通じてなんとなく知り合いになった方が一人だけいます。
(この時点で一度も話したことはないのですが)同じアラフォーの女性で歳も近いこともあり先生からお互いの近況を聞いたりしていました。

その方はもう卒業間近で前回がみきわめの日だったので、まさに私がボコンボコン脱輪している姿をたまたま目撃されておりまして、私と入れ替わるほんの数分の間にクランクのコツをパパパっと教えてくださったんです!!!
(他にも色々アドバイスをくださいました!その節は本当に本当にありがとうございました。ペコペコ)

先ほどはあまりのパニックで先生の言葉が全く頭に入っていなかった私ですが、その方のアドバイスのおかげでどうにか我に返ることが出来た・・よう・な?(まだ、わかんないけど)

なんか、今にして思うとクランクが急にダメになったタイミングとか、検定中やみきわめ中でなかったし、不幸中の幸いっていうかむしろラッキーだった?!神様ありがとう(単純)
そしてそのアドバイスを胸に本日ついに「みきわめ」に挑みます。
ぶぉぉぉぉぶぉぉぉぉぉ(法螺貝2回目)

 

・・・結果「みきわめ」、散々たるものでした。

出発後、いきなりのウインカー忘れ、確認忘れ、クランクでは落ちはしなかったものの相当なギリギリだったそうです(自分ではワカラナイ)、そして交差点では先生に思いっきりブレーキを踏まれる始末です・・。
終わったときは、極度の緊張と(あぁ・・ダメだった・・・)という思いから、なんか泣けてきました・・。目頭ウルウル・・・。
当然、仮免試験はキャンセルになって後日補修になると思ったのですが、なんと仮免試験の挑戦権はGETしたのです!(えっ!?いいの!?)

あぁ、仮免試験は明日です。どどどど、どうなる・・・私。

 【おさらい(クランクのコツ)】

サイドミラーがえんせきと並んだらハンドルきるべし!

f:id:umi51:20160726125646p:plain

 【自信メーター】少し浮上

f:id:umi51:20160726151922p:plain