アラフォー女の運転免許取得への道

アラフォー女の運転免許取得への道

どんくさい方向音痴のアラフォーの私が自動車免許を取るまでとその後のカーライフの記録です。

こちらに表記されている内容はあくまで私の記憶に基づいたものです。 なにかの参考になれば幸いですが、
100%鵜呑みにせずご自身の教習所で習ったことやお手元の教科書などでしっかり確認してくださいね。
22.学科教習(その7)誤りがありました!ご注意ください!(誤った部分は削除済み)




20.技能教習(その8)

前回は、なんとなくやったクランク・S字も一発クリアしたし、イメージトレーニングもやってきたし、めずらしく足取りも軽くやってきました技能教習です。

なんだか、ここにきて少ーーーしだけ運転が楽しくなってきたのに、この頃から先生が

「仮免いつにする?」などと、仮免試験の話をし始めます。

「え"!?うそ?!いやいや・・まだ、早くないっすか!?」

と、じたばたする私ですが、先生はどうやら本気みたいです。

「〇日に予約しちゃいなよ。」

って某アイドル事務所の社長さんみたいにあっさり言っちゃってくれちゃて

「え"?!・・イヤイヤ・・・え?!・・・」

みたいなやり取りが何度か続きました。

とりあえず、次回の技能教習のデキをみてから決めることになり、この日もちょろちょろ注意されつつも、全体的には無難に終了して「また次回」と相成りました。

そして今日も最後に、

先生「じゃ、次このコース覚えてきてください。」

私「はい。・・!?」

f:id:umi51:20160718115942p:plain

そのコース・・・まさにこんな感じです↓(適当だけど)

f:id:umi51:20160718124221p:plain

 

なんじゃこりゃ~~~~!!

人間てこんなの覚えられたっけ・・・?

しかし、「仮免」キーワードもでている私・・。や、やるしかない。ごくり。

そして今まで以上にイメージトレーニングに励むのです。

このころから始めたイメトレのやり方はこんな感じ。
※可能であれば誰かに手伝ってもらうほうが効果的です。

まず〔先生の指示〕に対して〔私がとる行動〕をノートかなんかに書き出します。

〔先生の指示〕「〇番右折」
〔私がとる行動〕「右左見てから交差点に進入、交差点に進入したらルーム合図サイド目視中央線による、突き当りで停止、右左見る、行けたら、右折」

〔先生の指示〕「つきあたり〇番左折」
〔私がとる行動〕「交差点で青になったら右左みて発進、次の交差点を横切るときも右左見て直進、交差点過ぎたら左合図、車止める、右左見て、行けたら巻き込み確認をして(見通しが悪いところでは)前方を覗き込みながら左折」

のように、コースの流れに従って先生パートと自分パートを書いていきます。
(一人でもやれるように自分パートのところを隠せるように書いたほうがよい。)

箇条書きでもいいので、ともかく「巻き込み確認」とか「右左見る」とか「〇の横で左合図」とかキーワードを盛り込みます。

そして、〔先生の指示〕の部分をお手伝いしてもらう方に読んでもらい、自分はコースを頭でイメージしながら〔私がとる行動〕を順番通りにぶつくさ唱えます。

先生役は、ぶつくさ唱えているのを聞き、手順で忘れているところがないかノートを見ながらチェックして工程が抜けていたら指摘してもらいます。ついつい忘れがちなところは何度もやるといいです。

手伝わされる方はちょっとうんざりかもしれないので何かお礼を用意しましょう。

私は回転寿司をご馳走することで「ここぞ」というとき2回だけ手伝ってもらい、あとはいろんな時間の隙間にひたすらやりました~。

ここから試練の一週間が始まります。

【自身メーター】少し上昇(しむら後ろ)

f:id:umi51:20160718181546p:plain