アラフォー女の運転免許取得への道

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー女の運転免許取得への道

どんくさい方向音痴のアラフォーの私が自動車免許を取るまでの記録です。

こちらに表記されている内容はあくまで私の記憶に基づいたものです。 なにかの参考になれば幸いですが、
100%鵜呑みにせずご自身の教習所で習ったことやお手元の教科書などでしっかり確認してくださいね。
22.学科教習(その7)誤りがありました!ご注意ください!(誤った部分は削除済み)




7.学科教習(その3)

学科教習 第一段階

模擬運転講習の後はなかなか技能講習の予約が取れず、しばらく学科教習メインで日々を過ごします。

学科教習は、基本的に『初めに映像を見て、見終わったら映像の内容に沿って教科書で詳しく先生が説明してくれる』という流れの繰り返しです。

黙々と授業を受けている私ですが、この映像、どうにも細かいことが気になって仕方がないんです。

例えば、
踏み切りの前で発炎筒を振る女性がやけに楽しそうに発炎筒を振っている
(車が踏み切りの中で止まって発炎筒で列車に知らせる事態なんて相当ヤバイ状況でしょうに、そ、その振り方・・もっと必死にやれーー!)

とか、

解説する女性が白衣にメガネのコスプレをしている回があった(くいっとメガネをあげるしぐさをやってみたり・・・その演出って必要!?)

とか、

カップルのドライブシーンがよく出てくるんだけど、その男役がマサーシーに似てる・・・(※マサーシーがわからない方はぐぐってみよう)

とか

その後先生が解説してくれるからよいものの、そんなこんなで映像の1/5ぐらいは頭に入ってこないんです。困ったもんです。

先生といえば、周りをみると居眠りしている方がちらほらいるのですが、先生はちゃんと注意されています。結局、居眠りしたりスマホをいじっていたりするのっ て先生からみるとバレバレなんですよね。若い時はそういうのあんまり分からなかったけど(今まで教えてくれていた先生達よ、心からごめんなさい)。

この歳になって考えると、眠っている人をちゃんと注意してあげるなんて、この先生は熱意があるなぁ~。ってしみじみ尊敬してしまいますね。

私も大人になったもんだなぁ~・・・。